CADモデルが unity で動き出す

最先端のゲーム開発環境をあなたの設計ツールに。
CAD で設計した 3D モデルを、そのまま Unity へ。

お問い合わせ

設計・解析・シミュレーションの新しいステージへ

高精細なグラフィックのハイエンドゲームや、スマートフォンなどのモバイルゲーム、
ヘッドマウントディスプレイに代表されるバーチャルリアリティコンテンツ、その他映像作品など、
今や世界中の様々な開発シーンで活用されている Unity。
この最先端の開発環境をあなたの設計ツールにするための橋渡しとなること、
それが Unity CAD Importer の使命です。

機能紹介

Unity CAD Importer は、産業や工業用途で作成されている CAD データを Unity に取り込むための最適な変換機能を提供します。従来の変換では Unity にインポートできなかった大きなデータが取り込めるようになり、一般的な CAD 用中間ファイル IGES/STEP からアセンブリの階層構造を再現することも可能になりました。

  • CAD インポート

    CAD ファイルを Unity のメッシュオブジェクトに変換して読み込むことができます。
    対応フォーマット:IGES, STEP, STL

    イメージ図(汎用CADソフトウェアで作成された3Dモデル)
  • ポリゴン削減

    CAD ファイルの読み込み時に、最適なポリゴン数に削減することができます。

    イメージ図(1100万ポリゴン 210万ポリゴン 77万ポリゴン)
  • メッシュ自動分割

    Unity では最大の頂点数が65,000と制限されていますが、この制限を超えるメッシュを自動的に複数のメッシュオブジェクトに分割しながら読み込むことが可能です。

    イメージ図(65000頂点を越えるメッシュをメッシュAとメッシュBに分割)
  • メッシュ自動修正

    穴埋め修正や表裏揃えなどのメッシュデータを修正するヒーリング機能を備えています。

    イメージ図(逆向き法線の箇所を修正)

お問い合わせ

評価版の無料お試しやお見積もりのご相談、技術的なご質問は以下のフォームからお問い合わせください。

フォームからお問い合わせ

私たち開発者の願い

イメージ図(私たち開発者の願い)

CAD で設計したモデルをバーチャルリアリティ空間で検証できたらいいのに。実環境に近いシミュレーション環境を構築できたらいいのに。それらを実現するために Unity には大きな可能性があるのではないか?私達も元々はそんな希望を抱くエンジニアでした。しかし、これまで製造業の現場で Unity を活用するには、少なからず問題が存在していたことも事実です。
CG データに比べ桁違いに巨大な CAD データから生成されたメッシュをどのように扱えるようにするか、データを軽量化しつつ元の形状の重要な特徴をいかに残すか、これらの問題を解決するために私達は Unity CAD Importer を開発しました。
Unity CAD Importer をきっかけとして、日本全国のエンジニアの方々が Unity をご自身の道具として自在に操れるようになることで、これまでにないあっと驚くような製品が世界中に溢れることを楽しみにしています。